ダイエットを繰り返してきたあなたにリバウンドしない方法教えます

ダイエット成功のイメージ画像

ダイエット成功!
でもホントの成功はその体型をキープすることです

 

「マイナス○キロ達成」はもちろん喜ぶべきことですが、その体型をキープしてこそダイエット成功といえます。このサイトでは、私が試した9種類のダイエット法を「リバウンドしない度」で徹底比較!
40代の私が美容体重をキープできているのは、あるダイエット法のおかげなんです。

管理人いちおしのダイエット法はこちら>>

断食

ダイエットでリバウンドしない方法を紹介しています。

即効性のあるダイエットといえば断食ですが、リバウンドはしないのでしょうか?その効果についてまとめてみました。

断食ダイエットはリバウンドしない?

メジャーの画像

半日~1日、あるいは数日間、水以外の食べ物を口にしないという断食。プチ断食やファスティングなどとも呼ばれ話題になっています。

断食は、一定期間食事をしないことで、内臓を休ませることができ、老廃物の排出が促され、新陳代謝がよくなるといわれています。便秘が解消されたり、肌がきれいになったりする人もいるようで、ダイエットだけでなく健康面でも効果があると評判です。

断食には、半日断食、1日断食、3日以上の本断食があります。

半日断食は、18時間以上水以外のものは食べません。たとえば、18時に夕食を食べ終わったら、翌日の朝食は食べず、昼の12時以降に昼食をとります。夕食はとってもOKですが、間食や夜食をしてはいけません。

昼食は少なめに、夕食はいつもと同じ量で構いませんが、水は1.5~2リットルは飲むようにしましょう。

1日断食では、丸1日食事をとりません。ただし、半日断食同様、水は1.5~2リットルは飲むようにします。断食明けの食事は、はじめは5分がゆ、次は全がゆ、その次の食事ではいつもの食事の半分の量というように、少しずつ戻していきます。

その際、肉や魚などの動物性の食べ物、油、砂糖がいっぱい入ったお菓子などは食べないようにします。断食明けの内臓にこうした食べ物を入れてしまうと、胃や腸が痛くなったりするので注意が必要です。

3日以上の本断食を家庭で行うのは危険です。きちんと指導をしてくれる道場や施設などで、専門家の指示のもと、行うようにしましょう。

断食は、心身ともに健康な状態である人だけが行えるダイエット法です。食べ物を摂らないということは、想像以上に大きな負担がかかります。それは体だけではなく心も同様。断食によって気持ちが落ち込んだり、マイナス思考になったりすることもあるので、心も元気なときでないと、断食はおすすめできません。

また、成長期の子どもや妊婦さん、授乳中のママさんは、栄養が不足してしまう恐れがあるので、断食をしてはいけません。

断食でダイエットをした人のリバウンド体験談

  • 「52キロの体重が、断食を含む食事制限で46キロに。だけど、食事制限を解除した途端、食事の量が増え、現在59キロになってしまった」
  • 「かなり無茶な断食をして30キロ痩せました。が、その反動で食べすぎてしまい、現在5キロリバウンド中。ここでなんとかとどまりたい」
  • 「もとは3食食べていたのを半日断食のつもりで2食にしたら体重が落ちた。でも、3食に戻したら、体重も元に戻った」

管理人の感想

管理人の感想

食事をとらないというのは、かなりのストレスになると思います。食べること大好きな私には、ちょっと厳しいダイエット法です。実際、食べられなかった反動から、リバウンドをしてしまいました。

断食は、正しい方法で行えば、体内を浄化してくれ、体の調子も良くなるといわれています。その反面、自己流の断食(3日以上)には危険を伴いますので、きちんとした施設で行わなければならず、手間やお金がかかります。