ダイエットを繰り返してきたあなたにリバウンドしない方法教えます

ダイエット成功のイメージ画像

ダイエット成功!
でもホントの成功はその体型をキープすることです

 

「マイナス○キロ達成」はもちろん喜ぶべきことですが、その体型をキープしてこそダイエット成功といえます。このサイトでは、私が試した9種類のダイエット法を「リバウンドしない度」で徹底比較!
40代の私が美容体重をキープできているのは、あるダイエット法のおかげなんです。

管理人いちおしのダイエット法はこちら>>

食生活編

リバウンドしない方法についてまとめてみました。まずは、リバウンドしないために気をつけたい食生活のポイントを紹介。

無理な食事制限はもちろんNG。ほかにも注意すべき点はあります。要チェック!

リバウンドしない食事の仕方

これだけは守っておきたい、リバウンドしない食事のポイントというものがいくつかあります。

  • 無理な食事制限をしない

野菜中心の食事画像

リバウンドしてしまう一番の原因は、無理な食事制限をすることです。食事の量を一気に減らしたり、炭水化物を抜いたり、ひとつの食材だけのダイエットをしたりというダイエットは、長続きしませんし、無理をしているので、必ず反動が出ます。

食事制限は、無理のない程度にするのがポイントです。油分や糖分などを減らして、野菜中心の食事にする。こんにゃくやキノコ類などのローカロリーフードも上手に取り入れてみましょう。

炭水化物やタンパク質も脂肪になりやすいので注意。完全に抜いてしまうのではなく、少しずつ減らしていくと体も慣れて、ストレスもかかりません。

  • よく噛んで食べる

よく知られていることですが、食べ物を食べて、満腹感を得るまでには少し時間がかかります。あまり噛まずに食べると、お腹いっぱいだと感じる頃には本来の満腹感を超え、食べ過ぎてしまうのです。

一口食べたら箸をおいてよく噛む。はじめは面倒に思うかもしれませんが、次第に慣れていきますよ。

  • 食べる順番を注意する

食事をすると血糖値が上がりますが、この上がり方が急だとインスリンが過剰に分泌され、糖分を脂肪として体に蓄えようとします。たとえば空腹時にタンパク質をいきなり食べてしまうと血糖値が急上昇してしまい、脂肪もつきやすくなるのです。

そのため、食事を摂るときには、血糖値を急激に上げないような順番で食べるようにしましょう。

まずは味噌汁やスープなどを食べます。はじめに水分を摂ることで満腹感が得やすくなり、食べ過ぎを防ぎます。

続いてサラダなどの食物繊維、肉や魚などのタンパク質、最後にご飯や麺類などの炭水化物を食べるようにしましょう。

また、炭水化物は消化に時間がかかるので、朝や昼に摂り、夜は野菜中心の食事にすると胃に負担もかからず、太りにくい体になります。

  • 栄養素をチェックする

食事の順番などを意識すると、食べ物の栄養素もチェックする必要が出てきます。どの食材にどんな栄養素が入っているのかをチェックすると、より効果的なダイエットにつながります。

管理人の個人的見解

食事の際、こうした点を意識することで、ダイエット効果も高まり、リバウンドのリスクも低下します。しかし、食事は毎日のことなので、これだけのことをいつもやるとなると、かなり大変です。